木くず等専用焼却炉


HOME

お問合せ(mail)
Tel: 0745-71-5123
Fax: 0745-78-5350

 型式 KW-3T
  • 建物解体処理・リサイクル処理業者様に最適な炉です。200Kg/h未満です。
  • 近畿・西日本で最も多くお使いいただいています。
  • 炉の下に灰ピッを設けると、灰を貯めることができます。処理回数を減らせます。
  • 左の写真の場合、灰ピットは炉の裏側にあります。
  投入はこのように行っています。
  • KW−3Tへの一般ごみ投入の様子です。
  • 平成14年12月構造基準対応炉
  • 処理能力 170Kg/h
  • バッチ式 1回あたり投入量2m3
  • 投入口 幅2200 X 奥行1200mm 
  • 基礎及びピット工事はユーザー様に準備いただきます。
  ピット完成写真です。
 
  • 炉はH鋼板と写真右周辺のコンクリート上に設置します。
  • 灰は炉底から落下しピット内に堆積します。
  • 炉後方のピットの開口部は鋼板カバーで覆い、灰を回収するときは重機を使ってカバーを移動し、さらに重機で灰をかき出します。
  • ピット寸法(例): 縦3050 X 横2250 X 深さ3050o